岡山の外壁塗装口コミNavi
岡山の外壁塗装口コミNavi > 外壁塗装の知識 > 外壁塗装後の虫の付着対策

外壁塗装後の虫の付着対策


外壁塗装のリフォーム時期

家やプレハブなどの建物の外壁はずっと綺麗な状態だといいんですが屋外で年中さらされているわけですから必ず劣化をしてきます。

劣化をそのまま放置していると塗装が全部はがれてぼろぼろになり錆びや腐食が進行し穴が開いたりする恐れもあります。

塗装の劣化を事前にチェックし外壁塗装のリフォーム時期を把握するようにしましょう。
目で見たり触れるだけでわかるものばかりですので是非知っておいてください。

外壁の白亜化

チョーキングとも呼ばれる症状で表面の劣化により塗料内の樹脂成分が失われて塗料内の顔料だけとなり触った時に白のチョークの粉のようになります。
このような場合は壁を保護する効果がほとんどありませんので塗装が必要です。

塗膜のはがれ

外壁材の塗料の一部が剥がれて外壁がむき出しになっている状態です。
1か所剥がれると次から次へと進行していきますので早急なリフォームが必要です。

カビ・コケの発生

カビ・コケが生えてきているということは外壁の防水効果が衰えている証拠です。
塗装リフォームが必要なサインとなります。

外壁塗装後の虫の付着対策

外壁の劣化サインを見つけて全塗装を実施すると綺麗な外壁を取り戻すことができます。
が、外壁塗装が完全に乾燥するまでには日数が必要です。
塗料にもよりますが、丸一日以上の乾燥が望まれます。

そんな時に問題になるのが虫の付着です。

虫の発生が少ない町中などでは大きな問題になりませんが、草木の多い地方などでは乾燥するまでに外壁に虫が付着して虫の除去、再塗装を繰り返すこともあります。

虫除け剤などを使っても真夏の虫の多い時期などではほとんど効果がないため、外壁の塗装時の虫付着対策は塗装業者にとっては頭の痛い問題です。

塗装面に虫が付着するのには塗料に含まれるトルエンが一番の原因ではないかと言われていますが、はっきりとした検証はされていません。

施主と業者の間での話し合いになりますが油性塗料よりも水性塗料の方が虫が寄り付かないという実験結果もありますので試してみるのも対策としてお勧めします。

塗装する時間帯を工夫することでも虫の付着を軽減できるのでいろいろな方法を試してみてほしいと思います。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

岡山の外壁塗装口コミランキング

外壁.com

日本全国対応のネット上の見積もりだけで工事までできる唯一の外壁塗装業者です。
見積もりはすべてコミコミの値段でそれ以上費用が掛からないので安心!

参考費用 20坪 815,400円(税込)
25坪 1,018,463円(税込)
30坪 1,228,674円(税込)
電話番号 0120-676-383

アート建装

塗り替えリフォームを専門としているリフォーム専門店です。 家を手塗りできれいにすることを心がけているこだわりの塗装業者です。

参考費用 外壁 20坪 35.8万円(税別)
外壁 25坪 40.5万円(税別)
外壁 30坪 45.2万円(税別)
電話番号 086-526-4040

御南塗装工業

「塗装も人も品質第一主義」をモットーに掲げ、企業や職業人としての実績だけでなく、仕事に取り組む際の心構えや気持ちにも重きを置く方針が特徴です。

参考費用 21~25坪 510,000(税別)
26~30坪 570,000(税別)
31~35坪 630,000(税別)
電話番号 0120-957-951
徹底比較ランキング